私はいわゆるIT企業に勤めているサラリーマンです。IT企業とは言っても
人材を募集している会社に自社のエンジニアやプログラマーを派遣する
いわば人材派遣業が実体です。
なので仕事の内容はもちろん仕事の有無も客先の会社の都合次第です。
継続的に仕事がある時は特に一般の会社と同様なかんじで問題ないのですが
適当な仕事が見つからなかったり、特に問題なのは
客先からある月に急にもう今月で終了って言われることもあったり、
そうするとタイミングが悪く次の仕事がなかなか見つからないこともあります。
現在私がまさしくその状態に陥っており、2ケ月自宅で待機しています。
それでも給料を普通通りもらえれば、会社に対して申し訳ないとは思いつつも
特に悩みはないのですが、うちの会社はいきなり給料カットになります。
となると家庭を持つ身ですし、生活費が足らなくなります。

このままだと少しだけしていた貯金も底をついて生活費が足りない状況に陥ってしまうのが目に見えています。消費者金融で生活費を借りる日もそう遠くはないような気がしてとても不安です。明日にでも仕事が入ってくれればなんとか乗り切れるのですが、明日もわからないので怖いですね。
それだけならまだなんとか生活費を切り詰めつつ、わずかながらの貯えを
崩して乗り切ることもできますが、長く自宅待機が続くと退職を迫られる
事態となることも予想されます。
一方的にこちらに非があるわけでもなく
仕事を見つけられない営業力不足の面も当然あることですし
退職を迫られた時はただでは退職しないつもりですが
そういったことを考えなといけないこと自体がストレスになります。
何とか来月からは仕事がありそうで、今の状況からは抜け出せそうですが、
またいつ何時同じことが起こるかも知れず、
現在の私の悩みは不安定極まりない仕事および勤務先について
何とかして安定させたいことです。

大人になってから母親に『株は絶対にやってはいけない』と言われ続けました。

母は株購入未経験者で知識があまり無いので何でだろうと思いつつも私も株式を購入することは30代半ばまでしませんでした。

よくよく考えると母にはインターネットでの株式売買という概念がそもそも無いので説得力があまりありませんでした。サブプライム問題の時期のマーケットの暴落を思い出すと、資産が目減りしてしまう恐怖は相当なものでした。

ところで立場変わって株を発行する立場に自分がなったとしましょう。つまり起業して会社の社長になってマーケットに上場したとします。

株式を売って得た資金は会社の運営費用になります。世の中の株式会社というのは会社運営の資金集めの手段として成り立っているわけです。

投資家への情報開示義務として決算報告書を発行したり、会社の運営状況を投資家に報告するIRというニュースも開示します。

その情報をもとに投資家はその会社に投資するかを決めます。 株式を購入するというのは会社の一部を買うことでもあり、社会に参加する手段の1つでもあるわけです。

株式売買をすると自然と経済のことに興味を持ちますし、社会の動きにも敏感になります。

私はその感覚が研ぎすまされる感じが大好きで、母親のアドバイスは無視して株式売買をしています。

もしあなたが投資をせずに銀行に預けたとしたらどうでしょうか?

銀行があなたが預けたお金を使って投資をして利益を得ても、あなたにその儲けを支払うでしょうか? 雀の涙ほどの年率の利息をあなたの口座に支払うだけで、それ以上何もしてくれません。

ですからお金を増やすには自分のお金は自分で運用しなければならないのです。

株を購入した場合は、最悪株価が底まで上がらず儲けがなかったとしても、配当金を貰える企業もあるので、銀行にお金を預けておくより全然マシだと思います。

※こちら参考に・・・http://xn--n8j6dwk9a2ll89rjw1a1cebp4eduwa28e.com/

株はイメージ的にギャンブル性が高いと思われがちですが、購入する株によっては、安定した株もありちょっとづつ稼いでいくことも可能ですよ(^^)/

 

家計簿をつけていない私ですが、頭の中にはしっかりと刻み込まれているので細かく家計をご紹介できます!

給料(手取):夫(20万円)、私(16万円)、合計36万円

■支出(合計245000円~254700円) 家賃・駐車場代:社宅のため給料天引き 電気代:8000円~15000円(夏季は高い) ガス代:4000円~6000円(冬季は高い) 水道代:2500円 ネット代:3200円 携帯2台:23000円 夫保険(生命保険、積み立て):35000円 私個人年金:30000円 ガソリン代:10000円 夫お小遣い:50000円 夫両親へ:30000円 食費:30000円 私お小遣い:20000円

■貯金目標:10万円

ボーナス年2回:夫のみ:50万円~200万円(業績により変動) 交通費年2回支給:12万円(年) ■年一括払い、その他支出(合計:533000円) 自動車税:43000円 帰省(年3回):300000円 自動車点検代:100000円 私医療生命保険:90000円

以上生活に必要な最低限な支出です。 その他外食費、交際費等は貯金から出しています。 現在、子供がいないため悠々自適な生活を送っていますが今後子供が2人欲しいと思っていますが、いまの収入では貯蓄ができなくなると思います。 子供がいない今の時期に私が資格を取得し、出産後給料の高い正社員の仕事に復帰しさらに主人にはもっと給料を上げてもらうように頑張ってほしいと思っています。

2人の生活だからこんな感じで行けているんだと思うのですが、私の友人で主婦をやっている子がいます。3人も子供がすでにいる子で。

その友人の家の家計はカツカツだって言っていました。主婦をやっていなくて働けばいいと思うかもしれませんが、3人の子育てをしながら働くのはかなり厳しいようです。まだ子供たちも小さいですからね。

ですので、専業主婦の友人でも借りれる専業主婦ローンを利用してどうにかやりくりしているみたいですよ。まあ、お金を借りている時点でやりくりとは言わないのかもしれないですが・・・・。

私も子供が2人はほしいので、もしかすると正社員どころか専業主婦でずっとやっていく可能性もなくはないですので、今のうちにお金をちょっとでもためておかないといけないなとひしひし感じています。

私は両親と実家暮らしをしています。

11年前にLPガスの料金の高さから生活費を減らす為にオール電化にしました。

初期投資で130万かかったのですが、電気温水器とICのコンロの購入に使い続けていたのですが、この1週間前から電気温水器がかなり不調になりました。

深夜の電気代が安い時間にお湯を沸かすように設定してあるのですが、朝になってもお湯がたまっておらずエラーメッセージが出て止まっていました。

製造元に確認してエラーの解除は教えてくれたものの10年以上が経過した機器なので修理はリスクがあるので買い替えが必要だと言われました。

買い替えともなると取り外しと再度取り付けを合わせると80万円以上の出費が発生すると仮に作成してもらった見積書に記載されていました。

10年前と違い今は両親は定年退職をしてしまい、安い年金暮らしです。

今では私の給料の大半を自宅に入れてもやっと生活が出来ている状況なので余分な物を買うお金はありません。

今は電気温水器のエラーが出るたびにリセットで解除するのですがお湯が沸いていない事が1週間に3回もありました。

昼の高い電気代の時に何度も出るエラーをリセットして無理やりお湯を沸かしたりもしましたが、家族で銭湯に行った日もありました。

安定してお湯が沸き安心してお風呂に入ろうと思えばやはり買い換えるしかありませんでした。

生活に必要なお湯だけに今の無理やり使い続けている状態も限界が来ると思うので、なんとかお金を工面して買い替えようか真剣に考えています。

でもお金の工面と言っても、はっきりいったらお金を借りるしかないんですよね。正直借りるのはちょっと抵抗があるんですが、このままだとどうしようも出来ないし。。。本当に困りますね( ゚Д゚)

というか、僅か11年足らずで故障する時点でおかしいんですよね。130万も支払っているのに。せめて保障として直してくれるぐらいしてくれてもいいんですけどね。。。

500円貯金

1年前から500円貯金をしています。

「30万円貯まる」という、よく見る貯金箱も買いましたよ。

出来るだけ1日500円貯金していこうと思っていたんですが、なかなか毎日入れていくのは大変です。

計算的には1日500円、1年で182,500円が貯まるはずなので、貯金箱も半分以上入っている計算になりますが、未だに半分もいっていません(*_*)

30万貯めるまでにはあと2年ぐらいかかってしまいそうです。

まぁ、ぼちぼちゆっくり貯めていけばいいですよね(^_^)

火事!!

私が中学生のころの話。

当時私が住んでいたところは割りと田舎だったので、可燃ごみは各家庭の焼却炉で燃やしても可でした。 8月の終わりごろ、母がごみを燃やしていて、私は2階の自分の部屋にいました。

すると近所からなんだか叫び声が聞こえ始めました。 よくよく聞いてみると、「なんとかして~」「とかいいかげんにしろ~」とか・・・。

そして外を見たら、庭中が火の海になっていました。 これはあとでわかったことですが、焼却炉の下に穴が開いていて、そこから火が出て枯れ草を銅線にして物置の前に積んであったダンボールに燃え移り拡がったようです。

とにかく家族はほぼ同時に気が付き庭に飛び出しました。唯一、責任があるはずの母だけが遅れて出てきました。 あろうことか庭がまったく見えない家の一番奥で涼んでいたのです!

そこからとにかく近所の人が集まってきて消防車が来るまでバケツリレーしたりの騒ぎだったので、しばらく外を歩きづらかったです。 それなのに母はその後も天ぷら鍋をかけっぱなしにして天井まで火柱がたったりとか・・・。

ちゃんと用心してほしいです。

銀行の通帳を確認し、すべてあわせても上下水道代の支払にあと1000円たりないことがありました。   公共料金ゆえに、ディスカウントしてというのは無理な話。とりあえず、郵便局の席に腰掛け、1000円がありそうな所を思いめぐらせました。 そして、コインが残っていそうな鞄の中、車の中をフルに捜索しました。   結果、10円玉や1円玉が発見されました。子供が車の中に放置していた折り紙の中から見つかったり、かき集めると結構な金額になりました。   それでも、あと数十円足りない・・。再度、財布の中を捜索。何年も使っておらず忘れていた銀行のカードを発見。

近くのATMに行き、確認。ぎりぎり数十円の残があり、なんとか公共料金の支払を終えました。

私はよくケチと言われます。友人や会社の人なんかにしょっちゅう言われてますね。正直自分でもケチだな、って感じる時はありますね。何を買うにもまず「もったいない」って言葉から入りますからね。

どうしても必要じゃないんだったら、それが仮に100円であっても我慢しようとします。こういった考えからケチって言われるんでしょうね。

でも昔は今と真逆の考えだったんですよ。その時は、お金はあればある分だけ使っていたんですよね。なんでも欲しい物は後先考えず買っていました。結果的に借金までするようになり、大変な思いをしたので今はお金を使わないようになったんですよね。

過去の私を知っている人からは、差が激しすぎるってよく言われますけどね。

私は腰痛持ちで苦しんでいます。20代で腰痛になりそれからは接骨院や整体など通っています。100%治る事はないと思うんで、今はちょっとでも悪化しないように気を付けています。自分でも日々ストレッチなどをしています。インターネットでも腰痛には何が効くのか調べ、いろいろ試していますよ。

そして最近購入したのはベッドです。やはり寝るときに一番負担がかかっているはずなので、寝具店で自分に合いそうなベッドを探しました。これから毎日利用する物なので慎重に選びました。私の場合は固めじゃないとダメなんですが、固めにも沢山種類があり、1個1個違いを比べながらどれが合うかじっくり考えました。

決して安い買い物ではないですからね。私が購入するのは20万超えるベッドなんで・・・もちろんお金に余裕なんてないんですが、体の事を考えれば安い方ですよね。ちなみに足らずはカードローンで借りちゃいました。

そして購入したベッドなんですが、実際使いだしてまだ数日なのではっきりは言えませんが、だいぶ体の負担も減り楽になったような気がします。とりあえずは良かったです。先ほども言ったように安くはないですからね。借金してますし・・・ これからは今より悪化しないように気を付けるだけですね。

Theme by RoseCityGardens.com